医師とドロップアウト

医師とドロップアウト

ドロップアウトしたいと思っている医師のあなたへ

転職支援サイトでパートを見つけて、常勤を離れましょう

◆なぜ白衣を着ているのか、考えるゆとりができる
過酷な労働状況で、ぎりぎりの毎日を送っている先生は、一度常勤からドロップアウトして、パート勤務に移り、休養と自分を見つめなおす時間を持っても良いかもしれません。36時間のぶっ通し勤務が月に半分以上あり、食事もろくに食べられない過酷な毎日に苦しんでいる医師は、息抜きが必要です。

労働条件だけでなく、医療ミスに対する患者や患者家族の目も、ストレスの原因です。成功が絶対付けられ、わずかなミスも許されない状況は、負担です。結果しか見てもらえず、仮に失敗しても、そこにいたる医学的なアプローチなどは、評価してもらえません。医師の力ではどうしようもない状況や、不可抗力で予期せぬ事態が起きても、全て医師のせいにされます。

ノイローゼになり、実際に飛び降り自殺をした医師も居ます。本当に追い詰められているなら、一度病院から去って、軽いアルバイトをしながら休暇を取ってみてはいかがですか? 厳しい現場から一歩身を引いて、仕事への熱い想いを再確認した先生も居ます。

◆ドロップアウトしそうになった産婦人科医の話

家族に反対されても自分の意志を貫いて、産婦人科医になった女性の先生が居ます。仕事にはかなりの満足を感じていたそうですが、過酷な勤務状況と人間不信で、手が震えるようになってしまったと言います。

その先生は、当直明けの通常勤務を月の2/3ほど強いられていたそうです。お風呂にもポケベルが用意され、急な出産や妊婦救急対応にスタンバイをさせられたと言います。

自己犠牲のうえで勤務しているのにもかかわらず、患者や家族からは、ミスを厳しく責められ、人間不信にも陥ったそうです。患者の顔を見るのも嫌になり、精神が萎縮して、手が震えるようになり、気力も落ちて、うつになったと言います。

その先生は一度、常勤勤務を辞め、パート勤務に移りました。その決断が、先生を救ったようです。

「給料は減ったが、余裕があって、楽しく仕事が出来ている」

「とても充実している」

とは、先生の声です。

常勤でなければ行けない理由はありません。世の中にはパートタイムの仕事も、いくらでもあります。うつ状態になり、人間としての自尊心を失うくらいなら、一度離れてしまっても良いはずです。先生、あなたの人生です。大切に生きて下さい。

◆転職支援サイトに登録をして、専属のスタッフに相談をしてみよう

医師のアルバイトは、民間の転職支援サイトにいくらでも用意されています。当面の生活費には全く困らないくらいの日給がもらえるアルバイトばかりです。さらに、転職支援サイトに登録すると、あなた専属のキャリアコンサルタントが派遣されます。自宅や病院の近くで、時間を見つけて会って、思いの全て、苦労の全てを語ってみてはいかがですか? 医師の転職を専門に手がけているキャリア支援のプロです。あなたの苦労を心から共感してくれます。話すだけで少しは楽になるかもしれません。

ドクターの転職は以下の「転職サイト人気ランキング」をご参考に

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■リクルートグループの医師転職(常勤・定期非常勤)専門サポートがランキング1位に輝く。
■医師の方の「自分らしい働き方」を実現してくれるのがリクルートドクターズキャリアです。
■現在の待遇にご不満のドクター必見です。転職先での年収アップが高確率で実現します
■優良求人情報が多数揃っています。その数常時10000件以上。好条件の案件が見つかります。
■初めての転職・アルバイトでも安心。キャリアアドバイザーが親身にサポートしてくれます。
面倒な条件交渉も全て代行してくれますので、忙しいドクターにも評判です。お任せ下さい。
■採用する医療機関が費用を負担するシステム。ご利用はもちろん完全無料となっています。


>>>公式申し込みページへ進む

 >> TOPページで5位までの人気ランキングを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2015 医師転職比較.com All Rights Reserved.